• 展示会における装飾の大切さについて

    皆さまの会社でも展示会に出展をして、お客さまからの引き合いをたくさん取ると言った計画があると思います。

    そんな中でも展示会と言うのはお客様がブースに来ていただいてこそ価値がありますので、限られた予算を使って良い装飾をすることがとても大切なポイントになります。
    ではいったいどのような装飾が良いのかと言う話になりますが、自分達が良いと思う装飾と、お客様が入りやすい装飾は違うと言うことを理解しておかなければなりません。

    展示会の装飾情報はこちらです。

    あくまでもお客様が入りやすいブースと言うのは色使いはガチャガチャしておらず、せいぜい2色や3色であり、遠目から見ても皆さまの会社がどんなことを行なっている会社かと言うことが一目で見て分かることが大切です。

    人気のあるsmanyに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

    あくまでも展示会は皆さまの会社自体に興味を持ってもらうことであり、ブース装飾を褒めてもらうことは二次的な要素であることを認識しなければなりません。悪い例と致しましては、あまりにもゴチャゴチャと活字が書いてあり、読むのが面倒だと思わせてしまったり、あまりにも煌びやかで、派手なのは良いとしても訴えたいメッセージが希薄であり『この会社はいったい何屋さんなんだろうか?』と不信感を持たれてしまうブースです。ですので業者に依頼する時には、先ず皆さまの会社自体の出展コンセプトを明確にしてから、だいたいの業者のホームページに、過去どのような作成事例があるのかが分かるようになっていますので、一度チェックして見ると良いでしょう。



  • 関連情報

    • 展示会ではより商品の良さをアピールしようとするために文字情報を使う場合があります。文字は展示会の装飾において目を引き、気の利いたキャッチコピーは商品を引き立て、展示物を見学しようと意欲を湧かせます。...

  • 情報分析

    • 展示会は日本各地で開催され、何万人規模の集客を生むものも少なくありません。来場者は、自分が目指すブースを目指して行動するものですが、その途中に装飾などが優れ目を奪われるブースがあると、思わず立ち止まってしまうものです。...

  • 大人の常識

    • 学問的な資料を展示するものから、商品のPR、地方の物産展など、広義の意味で「展示会」に分類されるイベントは実に数多くあり、日本でも大小のイベントを合わせれば、年間何百という展示会が全国各地で開催されています。近年では、同業種の企業が複数集まって商品の説明をおこなうテーマ別の展示会なども開催され、興味のある消費者や購買層が連日詰めかけ、大盛況を博している様子をテレビなどで目にすることもありますね。...

  • 社会をよく学ぶ

    • 展示会においてブースのデザインとともに、展示会の装飾の要素の一つとして大切なのが、対応するスタッフです。ここではこのスタッフの役割に目を向けます。...